渡辺けんじろう 西宮市議会議員【日本維新の会】

学習塾講師など民間企業勤務や保育士を経て西宮市議会議員2期目です。

渡辺けんじろう 西宮市議会議員【日本維新の会】 イメージ画像

市役所改革

以前は過剰な返礼品合戦が問題になっていましたが、今は市外への寄付による税額控除で、人口が多い都心部からの過剰な財源流出が課題のふるさと納税。数字は2020年度のものですが、西宮市での寄附受入額は約1億2700万円。発送やサイトなどの経費が約4200万円なので、実質的な
『西宮市のふるさと納税の現状。○円のマイナス・・・』の画像

市役所で発見しました。私が以前、提案した出退勤管理システム。 導入されたのは知っていましたが、はじめて見ました。それまでの出退勤時間の管理は、タイムカードみたいなものはなく、一応パソコンの立ち上げのログで確認することはできたのですが、それだけじゃ不完全でし
『職員の出退勤管理システム』の画像

こういうタイトルだと、立候補した人がどのくらいお金を使ったかというのが多いのですが、今回は先日の市長選挙&市議会議員補欠選挙に使われたお金のうち、掲示板の設置にかかった市の費用についてです。つまり、我々の税金からの費用ですね。他に、・選挙事務に携わった市
『選挙で使われたお金』の画像

今年はじめに入札情報漏洩で職員が逮捕されました。3月の委員会で、防止策として提案した・変動型最低制限価格の導入・設計価格を決める担当者と業者に対応する担当者を別にする新聞記事によると、2点とも採用されたようです。人間ドックの対象病院増など、これまで提案が

予算特別委員会で人件費に関して一歩進みだした答弁を引き出したので、そのご報告。西宮市の人件費が高いこと、それに対して市が分析したことは以前もお伝えしました。人件費が高い原因を発見できないんだったら、外部調査は不要と思います。市が示した以外の原因の1つが今回

新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について①新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について②新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について③ 新聞等で報道された、市内NPO法人との契約について④の続きです。決算特別委員会で確認した内容です。この件につ

西宮市が2019年度から2028年度までの10年間の期間に計画している事業の一つが甲子園浜1丁目における多目的グラウンド整備です。現在、市の外郭団体である西宮市土地開発公社がこの土地を保有しています。もとは下水処理施設用地として公社が兵庫県企業庁から買った土地です
『多目的グラウンド整備の概算費用は約70億円』の画像

前回学校施設の適切な耐用年数は?の続きです。【Q】学校施設の耐用年数を80年に想定するのであれば、本庁舎をはじめ他の公共施設も耐用年数を80年に設定すべきではないか。【A】限られた財源の中で公共サービスの機能や質を維持しながら、財政面での負担を軽減・平準化する

コーナーを設置すべきと言えば、財源が必要とかいう答えが返ってくるのはわかっています。ただ、課毎にフォーマットがバラバラの書類を一括して作成することなど、今の体制のままでも遺族に寄り添うためにできることはすべきという趣旨で質問しました。==========
『複数かつ複雑な手続きの簡素化を! おくやみコーナーについて』の画像

先日の総務常任委員会の報告です。平成29年3月、市役所の正規職員を増員するために条例が改正されました。この議案に対する議会の賛否は僅差でした。その時の議会からの指摘をきっかけに実施された、第三者期間による「人件費・人員配置等の分析について」市から報告があり
『同じような提案を再び?~西宮市の人件費』の画像

↑このページのトップヘ