昨日の退任願の取扱いからスタートした議会運営委員会。


市長の退任願が受理されました。
http://watanabekenjiro.blog.jp/archives/75001812.html


市長の退職金を減額する条例案を可決してから、辞職に同意すべきではないかという意見がありましたが、条例可決から効力が発生するまでのスケジュールや手続き面で減額してから辞職ということは難しく、条例案も決議も審議されずに、退場者1人を除き、退任願は全会一致で同意されました。

本日20日までが現市長の任期となりますが、体調不良の理由で最終任期日の本会議も欠席。会見や議会での説明もなく、「自分の責任を果たし切って、あと5ヶ月で市長を退任します。」「引退を決めた政治家に怖いものは何もありません。」という年頭の言葉は???今日も12社のマスコミが取材に来ていましたが、今日をもって議会が沈静化するでしょう。

議会が決議と退職金を減額する条例を出そうとなったのは、今回の暴言だけが原因ではありません。彼が市長就任以降、取材規制やたばこ発言の際にも議会は決議というかたちで言動を改めるようにうながしてきました。今回は「ころすぞ」の暴言ののちに、彼が友人と自称する議長が声明で「市長をやめる気がないなら、言動を慎むように」と釘を刺したにもかかわらず、その直後、記者に対して「変質者」と発言したことが原因です。この発言がなければ議会は違った対応をとったのかもしれません。
※前市長のブログが更新されたので一部修正しました。

===============

さて、定例会初日ですが、本日は通常の流れと異なり、消防局駐車場で起きた交通事故の「損害賠償の額の決定の件」が先行審議されました。救急車の非常用車両が駐車していた乗用車と接触したことによるものです。赤い矢印の車が移動している際、救急車が一時停止し、再び運転した際に内輪差が発生したことによります。

11

損害額は市が99,867円、相手側が103万円です。100%市の過失ですが、加入している共済で対応します。この共済の掛け金は平成28年度、市役所全体で車両が571台あり、それぞれの車両によって掛け金は異なりますが計824万円です。

再発防止策についても説明がありましたが、今回、非常用車両とはいえ、救急車を通常の移動の際に使用していたことに対して改善案などの意見が出されました。

その後、市長選挙の日程に影響があることから、市長の辞職を選挙管理委員会へ通知する日程について議会運営員会で協議。選挙日程は選挙管理委員会が決めることですが、4月15日が投開票日に決定しました。